ニーズヘッグの巣に挑む

 復帰して間もない頃に挑み、入場してすぐさま雑魚に退場させられたニーズヘッグの巣に、数ヶ月ぶりに挑戦してみた。当時の私はLv130程度だったが、今ではLv173まで成長した。ボスであるニーズヘッグの影を倒すのは難しいかもしれないけど、その姿を拝むことはかなうはず。私は固く閉ざされた守護者の門を押し開き、ダンジョンへと足を踏み入れた。



 入って早々、フィラとアクアエレメンタルがお出迎え。前回の挑戦時にはこいつらに酷い目に遭わされたが、あのときと違い凍結と水属性攻撃への対策は万全なので全く怖くない。むしろ脅威なのはのっしのっしと闊歩するエンシェントツリー。こいつはマジックミラーを使用するため、うっかりジュデックスを誤射しようものなら手痛いダメージを受けかねないからだ。とはいえ、こいつはかなりの鈍足なので、誘導して振り切ることは容易。他の敵を攻撃している最中に、割り込まれないよう気をつければ問題ない。

 ほとんど初見に等しいマップなので、迷子になりながらうろうろと徘徊。視界を傾けたり回転させたりしながらのんびりと歩みを進める。こういうのんびりしたプレイは久しぶりだ。ここに限らず異世界のマップは雰囲気が好きなので散策していて楽しい。要求レベルやクールタイムなど、入場に何かと制限のかかるメモリアルダンジョンでなければ、もっと気軽に観光に訪れられるのだけど。

 数十分さまよった末、ようやくニーズヘッグの影が待ち構えるダンジョンの最奥へとたどり着いた。そして私がそこで目にしたものは、ニーズヘッグの影に取り巻きとして付き従うダークシャドーの姿だった。マジックミラー持ちの取り巻きを従えているだなんて! ずるい! 人でなし!
 反射で死ぬ未来しか見えないが、ここまで来て逃げ帰るのも悔しいのであがいてみることにした。ボス本体に速度増加をかけて取り巻きとの距離を離してボスと取り巻きの間に自分が割り込み、ジュデックスに巻き込まない状況を作り出す。そしてオラティオを使用してからジュデックスを連打。このとき、位置ずれがあってうっかりダークシャドー数匹をジュデックスに巻き込んでしまったが、ダメージが跳ね返ってくることはなかった。あれ、ひょっとして取り巻きは反射ない……? そんなことあり得るのかな……?
 一応反射に対する警戒を続けていたつもりではあったが、油断が生じたのは疑いようがない。取り巻きの呼び戻しが行われたのに気づかず、私はジュデックスを連打し続けてしまった。そして――。



 ニーズヘッグの影に「かかったなアホが!」と言われたような気がした(ニーズヘッグの影はそんなこと言わない)。結局のところ、取り巻きのダークシャドーを見た瞬間に予期した未来は避けられなかったわけである。

 マジックミラー持ちが取り巻きである以上、ジュデックスで戦うのは困難と言わざるを得ない。逃げ回りながらマジックミラーが切れるのを待ち、クールタイム中にありったけのジュデックスを叩き込むという手段は有効そうだが(最初攻撃したときに反射されなかったのは、クールタイム中だったからだと思われる)、ニーズヘッグの影との戦闘中は一定時間が経過するごとに“お仕置き部屋”に強制送還されてしまうようなので、苦し紛れの粋を出ないだろう。
 ちなみにこのお仕置き部屋、死んだ状態で飛ばされるとHPが減った状態のまま強制的に生き返るんだけど、そうとは知らず死んだまま放置して飲み物を取りに離席していたため、デスペナを最初の死亡と合わせて2%支払う羽目になってしまった。コーヒーカップを片手に戻ってきたら、HPバーが真っ黒のキャラクターに対してフィラやリンコが無慈悲な攻撃を繰り出しており、盛大に吹き出して危うくコーヒーをこぼすところだった。リプレイを撮っておけばよかった。

 閑話休題。ジュデックスしかまともな攻撃手段を持たない私のアークビショップでは、ニーズヘッグの影を倒すことは諦めるしかなさそうだ。アドラムスがあれば倒せそうな感触だったのだが、ないものねだりをしてもしょうがない。現状では他に倒せそうなキャラもいないし、再挑戦は先のことになるだろう。
 私はニーズヘッグの影に負けたのではない、ダークシャドーに負けたのだ。ニーズヘッグの影さんには、そこのところを勘違いしないでいただきたいものである。
スポンサーサイト

生存報告というわけではないのだけれど

  • 2019/01/27 19:46
  • Category: 雑記
 最近はブログがすっかり放置状態だったので、とりあえず的に更新をば。

 このところにわかに忙しくなってきており、あまりROに注力できない日々が続いている。とはいえ、ROに復帰した昨年秋頃から年越しくらいまでが格別に暇だっただけなので、早いところこのペースに慣れたいところ。
 昨年は結構なペースでブログを更新していたのだけど、それもひとえに時間があったからのこと。当面は週一ペースの更新を目標に見据えるか、短文でもなんでもいいから投稿する、みたいな省エネ運転でやっていくことになりそう。何はともあれ、広告が出ないように気をつけたい。

 ああ、風景を撮影するために放浪したいなあ。イベントやら日課の消化やらをこなそうとすると、その手の自由行動に割く時間がほとんど残らないのが困りもの。その辺も含めて時間の使い方を考えたほうがいいのかな、という気もする。まあ、ほどほどに頑張りつつ、ほどほどに息を抜きつつでやっていきましょう。

一気にレベルアップ

 調査強化週間までにルーンナイトの『夢幻の迷宮』への入場資格をゲットしよう、という流れになり、地下排水路ギガミックスや名もなき島の修道院3Fに連れて行ってもらってLv158からLv160に。その後はロックリッジウィークリークエストをこなしてあっという間にLv165まで成長した。『夢幻の迷宮』の入場資格はBaseLv165/JobLv60で、現在のJobLvは58。まだ資格を満たしてはいないものの、ここまで来ればまあ調査強化週間までには間に合ってくれるだろう。
 パーティ経験がほとんどないまま育ってきたキャラクターなので、いざパーティ狩りを行うということになるとあたふたしてしまう(ルーンナイトに限らず、アークビショップ以外の全てのキャラがそんな感じだが)。とはいえ、ソロ狩りとは違った楽しみを得られるし、パーティ狩りにもっと慣れていけたらいいなあ。

 ここから先の育成方針や目指すべき装備などのプランはほとんど白紙に等しい状態なので、ちょっとその辺について考えておきたい頃合いかも。パッシブ攻撃が好きで両手剣を振り回しているところがあるのだけど、だとすると攻撃力の強化が命題だろうから、熾天使の花冠を目指すのがいいのだろうか。今どきの両手剣事情がよくわかってないので、どのような装備を目指したらいいのか、情報を集める必要がありそうだ。まあ、熾天使の花冠を持たせたいキャラクターは他にも何人かいることだし、次の段階として目指してみるのは悪くない判断だとは思う。
 強力な装備だけあっていいお値段する代物なので、手に入れられるのはいつの日か。一応、すぐ買えるだけのお金を持ってはいるのだが、当面は他に買いたいものがあるので手を付けるわけにはいかないお金だったりする。春あたりまでに熾天使の花冠を入手できたら嬉しいけど、他の買い物を優先せざるを得ない状況が生じないとも限らない。まあでも、とりあえず春までの入手を目標として掲げてみるとしよう。ガンバルゾー!

Lv173に到達

 アークビショップがLv173になった。復帰したのが昨年の9月上旬で、復帰当時はLv116だったと記憶している。まさかこんな短期間でここまで上がるとは、夢にも思っていなかった。



 私はあまりデスペナルティに頓着しないほうなのだが、経験値が90%台になるとさすがに死にたくないという気持ちが強くなってしまう。冒険心を抑えて死なないよう堅実に立ち回るのはなかなかに窮屈なものだったが、その窮屈さからようやく解放された。無事レベルが上がったので好き放題冒険できる。

 ここから先のレベルアップも諦めてはいないのだけど、ちょっとリアルが忙しくなってきたため、これまでのようなペースで経験値を稼いでいくのは難しい。こんなにサクサクとレベルが上がったのは知り合いのところのハートハンター定期便に混ぜてもらっていたからなのだが、今後は帰宅時間の関係から平日の参加は厳しいという状況だ。まあ、レベル上げを急がなければならない理由はないので、のんびりと育てていければいいな、と。
 当初はオーラを目指すつもりは全くなかったのだけど、身近な人がオーラロードで頑張っているのを見ていると、私もオーラを目指してみようかな、と思ったりもする。私がLv174になる頃にはレベルキャップが開放されていそうな気がしなくもないけど、まあ気長にやっていこう。

謹賀新年

  • 2019/01/06 03:29
  • Category: 雑記
 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 年明けの更新が遅くなったのは、お正月イベントでレンタルできる自動映写機を使っていいSSが撮影できないか、とあれこれ試していたからなんだけど、結局いいSSは撮れずじまいで徒労に終わった感がある。

 新年を迎えてやっていることは平時と変わらず、メモリアルダンジョン巡りや古びた燃料タンク集めといった日課の消化だ。これらがつまらないわけではないのだが、毎日こればかりやっていてはマンネリは避けられないので、たまには“日課をやらない日”を設けたほうがいいのかな、と考えていたりする。最近は低レベルキャラの育成をしたいという意欲が湧いてきているので、日課よりも育成を重んじる時間を作ってもいいかもしれない。まあ、どんなカタチであれ今年もROを楽しく遊んでいければいいな、と。

 昨年より更新のペースは落ちると思われますが、本年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

Pagination