ジュピロス中心部は遥かに遠く

  • 2018/09/28 02:02
  • Category: 雑記
 昔、相方とジュピロス中心部へと行こうとしたことがある。ジュピロスは相方にとっては明らかに不向きなマップだったが、未だ見たことのないマップを見てみたい私が、わがままを押し通したというわけだ。
 ジュピロス中心部へと至るためには、今で言うメモリアルダンジョンのような、特殊なフロアを抜けなければならない。私たちのペアは、そのフロアのクライマックスと思しきところで力尽きた。そして、再びジュピロス中心部を目指すことなく相方はフェイドアウトしていき、私もこの世界から一旦去ったのだった。

 数日前、ジュピロスをぶらぶらと散歩している最中に、ふとそのことを思い出した。今の私はあの頃よりもはるかに強くなったはず。今ならジュピロスの中心部へとたどり着けるのではないだろうか――そんな思い上がりにも似た感情に突き動かされ、私はひとり中心部を目指すことにした。
 結論から言うと、かつて私たちふたりが倒されたところで、私は今回も力尽きた。勝算はあったし、ミスさえなければ越えられただろうとも思う。しかし、私は単純な操作ミスをしてしまい、敵はその隙を見逃すことなく私を一瞬で蜂の巣にした。高火力の遠距離攻撃が飛び交う戦場において、ニューマの切れ目は命の切れ目に等しい。ああ、そういえばあのときも、同じようなミスで相方を転がしたっけ。

 というわけで、スクリーンショットを撮り忘れるほどに悔しい思いを味わわされた次第である。これで勝ったと思うなよー!
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定