『深淵の回廊』雑感

  • 2018/11/08 11:50
  • Category: 雑記
 初参加となる『深淵の回廊』。やることが多く、また見返りも大きいため、すっかりこのイベントにかかりっきりだ。メモリアルダンジョンはまだ未踏だが、今のところの雑感をつらつらと書きなぐっていこうと思う。

 討伐はソロのときは、だいたい表層の庭園と回廊に行っている。主にウォーロックで討伐を回していたのだが、おかげですくすくと育ってLv131に到達し、表層への入場資格を失ってしまった。今後討伐数を稼ぎたいときはメカニックとジェネティックが主力になりそうだ。もちろんウォーロックを含めた他のキャラも、レベリングを兼ねて動かしていくつもりだが。
 庭園と回廊以外のマップはソロで挑むのは難しいので、パーティに混ぜてもらったときにのみ行く感じだ。一応、旧市街地と渓谷はアークビショップでどうにか行けないこともないのだが、2匹抱えた時点ですでに必死な有様なので、稼ぎに行く、という感覚ではない。まあ、それはそれで楽しいのだけども。

 『ティアマト攻城戦』には、昼の部で一度だけ参加した。集まった人数は最終的には15~20人程度だっただろうか。人数のわりには善戦できていたという感触だったが、貢献度が足りないと言われ報酬のチケットは受け取れず、もやもやとした気持ちにさせられてしまった。理不尽な難易度はまだ受け入れられなくもないんだけど、90分の激戦を終えてNPCに話しかけたら「おや、貢献度が足りませんね?」みたいなことを言われたのはこたえるものがあった。
 さすがにやりすぎたのでは、と運営が察したようで、臨時メンテナンスで難易度調整が入るとのこと。大人数で共闘する類のイベントは好きなので、多くの人が参加しようと思えるようなバランスになってくれると嬉しい。

 交換アイテムでは状態異常耐性を取れるエクスプロージョンガムとウィルオウィスプが欲しいのだけど、どちらも高額なので両取りは難しそう。混乱耐性についてはペンダントオブカオスを所持しているので、ウィルオウィスプはスルーしようかと考え中(下段装備で耐性が取れるのは魅力的なのだが)。他にはセイブザキングがユニークな装備で、ロイヤルガードを持っていないのに欲しくなってしまった。ただ、新たにキャラを作るのはともかくとして、他装備とのセット運用や過剰精錬が求められる代物なので、その点で身構えてしまう。でもさ、セカンドコスチュームのロイヤルガードかわいいんだよね……迷うよね……。とまあこんな感じで、趣味と実益のどちらを追うかで悩んでいる今日このごろ。
 ドロップ品ではルドのロールペーパーがぜひ欲しい。これについては自力ドロップは無理だとしても、そのうち露店で買えるだろうと楽観視している(それほど高くもなさそうだし)。他ワールドで購入することも視野に入れれば、入手難易度は高くないはずだ。

 イベント期間は11月27日まで。それまでの間、精一杯楽しもう。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定