深淵の回廊雑感

  • 2018/11/27 17:20
  • Category: 雑記
 3週間にわたって開催された『深淵の回廊』が終了となった。いろんな層のプレイヤーが楽しめるイベントだと事前に聞いていたとおりで、私も楽しかったし、周囲の人たちも思い思いに楽しんでいたように思う。今回のイベントでは、私は主にレベルが低いキャラの底上げと、ティアマト攻城戦に注力していた。
 以下、適当に雑感をつらつらと。

 レベル上げは、ワールドボーナスの恩恵も大きかった。レンジャー、ウォーロック、ジェネティックがLv130を超えてロックリッジデビューを果たし、それ以外にも複数のキャラをLv100以上まで押し上げられた。Lv100まで上げておけばライオットチップとエクセリオンシリーズが使用可能になるので、ひとまずここまで上げておけば安泰だろう。

 ティアマト攻城戦は前回の記事で書いたとおり、魔女ジラントの討伐を果たし浮遊するジオイアの獲得に成功。また、最後の回である月曜夜の部ではvaliワールドの過去最高評価である944点、Sランクを叩き出した。このとき、私はタイミングよくジラントの部屋に居合わせ、討伐の瞬間に立ち会えたので感激もひとしおだ。残念ながらこの直後に時間切れとなってしまい古龍ジラントとまみえることはかなわなかったものの、最後を過去最高の点数で締めくくることができたのは素晴らしい結果と言えるだろう。
 イベント初期の頃は、クリアさせる気がないとしか思えない難易度でどうなることかと不安にさせられたが、早いタイミングで難易度の下方修正が行われたのは幸いだった。この手の大規模戦闘イベントの難易度調整は一筋縄ではいかないものだろうけど(ワールドごとに接続人数が異なる事情もあるわけだし)、そこをなんとかうまいことやっていただきたいなー、といちユーザーとしては思う次第である。

 アイテムに関しては、とくに欲しいと思っていたエクスプロージョンガム、ウィルオウィスプ、不思議なハトを全て手に入れられ、エンチャントもそれぞれHIT+10、Mdef+6、HIT+10と良さげなものがついてくれたので言うことなし。それ以外にもセイヴザキングやキングスシリーズ防具を入手し、みんなで狩りをしていたときにドロップしたルドのロールペーパーをご厚意で譲っていただいたりと、かなり満たされたイベントだった。金策こそほとんどできなかったものの、十分すぎる成果を上げられたと思う。

 ふたつのメモリアルダンジョンである『深淵の王墓』と『深淵の古城』には、ほとんど挑戦しなかった(前者は1回、後者は0回)。今回のイベントはレベル上げを優先したので、これについてはしょうがないところだ。『深淵の回廊』は数カ月後にまた開催されるとのことなので、メモリアルダンジョンについてはそのときのお楽しみとしておきたい。次回もティアマト攻城戦があるとしたら、そちらに没頭しそうな気もするが。

 何はともあれ、忙しい3週間だった。アイテムやお金にせよ経験値にせよ、もっとがめつく稼げたとは思うが、私にしては頑張ったほうだと思う。正直、燃え尽きた感じがなくもないので、しばらくはスローペースで遊びたい気分。しかし、このあとすぐにアニバーサリーイベントが始まるのでどうなることやら。まあ、無理ないペースでやっていこう。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定