日課についてつらつらと

  • 2019/02/18 21:59
  • Category: 雑記
 よくRO内で見聞きする“日課”という言葉だが、私が休止する以前はあまり使われていなかったと記憶している。おそらくは、クールタイムが1日のメモリアルダンジョンやデイリークエストの普及によって自然と使われるようになっていったのだろう。

 昨今のROプレイヤーの例に漏れず、私もいくつかの日課を自分に課している。まあ、課しているといっても『サラの記憶』とウェルスのデイリークエストくらいだが。いずれもあまりキャラの強さを求められないので、多くのキャラでルーチンワーク的に消化できるのがありがたい。
 以前は帰宅が遅くなった日でも、2~3キャラでもいいから日課を消化しよう、と躍起になっていたのだけど、最近は帰りが遅いときは日課をやらないことが多い。そういう日はログイン時間が短いはずなのに、いつもよりのんびり過ごせているような感じがする。どうやら私には、日々のルーチンをかっちりと決めて計画的にプレイするというスタイルは、あまり向いていないようだ。つまるところ、私は気分屋なのである。

 金策や経験値稼ぎが目的であるならば、日課をやったほうがいいというのはもちろん理解している。でも、他にやりたいことがあったり、あるいは無目的にあちらこちらを放浪したいときなんかでも、そういうときは無理に日課をこなさなくてもいいのでは、と最近になってようやく割り切ることができてきた。
 日課を無理してまで消化しているつもりはないのだけど、義務感でゲームをプレイしたくないときだってある。若い頃ほどゲームに対してストイックに取り組めなくなってしまったので、ゆるーくROとお付き合いしていくのが身の丈にあってそうな感じがする。

 とりあえずあれだ。今日はブログを更新したので、日課はお休みにしよう。うん、それがいい。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

ファ流シ音

 忙しいときにメモリアルダンジョンやクエストをこなしてとなると、なかなか大変なものがありますからねえ。それで稼ぎが遅れるのは勿論当然の事ですが、気を張り過ぎても長くは続きませんし。
 上手くやって行けるやり方を見付けて行くのが一番ですね。

rami

無理して頑張った挙げ句、ゲームをするのが嫌になっては本末転倒ですしね。
楽しい趣味ですし、ほどよい距離感を保ちつつ末永いお付き合いをしていきたいものです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定