生きようと思った

 アークビショップがオーラロードに突入して以来、初のデスペナを喫した。私を倒した相手はイーブル戦第二段階で登場するキラーガード。誤クリックによる移動からのサンダーストーム被弾という流れだった。これだから図体のデカい敵は嫌なんだ! 図体がデカい敵をクリックし、のこのこと敵に近寄って倒されてしまうという流れは、ティアマト攻城戦でも散々経験した死因だった。当たり判定の大きい敵が画面内にいるときは、画面の回転やズームを駆使して誤クリックを極力減らす努力をしなければいけないなあ、と改めて認識させられた。
 Lv174のデスペナは一度は味わっておきたいと思っていたこともあり、本人的には何の痛痒もないのだけど、周囲の人に申し訳なさを抱かせてしまうと痛感したので、少なくともパーティプレイ時は極力死なない努力をしようと決意した次第。逆の立場のときは私もめっちゃ申し訳ない気持ちになったし、要するに死ななければみんなハッピー。みんなで幸せになろうよ。

 先日開催されていた深淵の回廊について数日かけてちまちまと記事を書いていたのだけど、なんかこう、うーん……って感じになってしまったのでボツにして、寝る直前に勢いで書きなぐった記事をアップする。今後も勢いを大事にしていきたい。
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定